読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムクムク母さんの切迫早産記録

切迫早産で入院、MFICUに入るも、無事出産。こだわりながらも手抜きな育児しております。

ようやく旦那が登場。

ウテロン 入院生活 頸管長17ミリ 切迫早産 相部屋

土曜の夕方、待ちに待った旦那が来ました。

来てすぐに、まだ事態の深刻さを把握してない旦那に、中国人の先生が説明をしました。


出産の仕組みと、頸管長が17ミリしかないこと、まだ27週という危険性。

先生、説明に熱がこもりすぎて、解説役の看護師さんも大変そう。



そして、これからの事。

ここの総合病院は赤ちゃんの集中治療室、NICUがないので、NICUのある病院に転院した方がいいという事。


これで、事態がまた変わりました。

転院先を探さなくてはならん!

え、じゃあ東京で探すのか。

実家から近いところ?


大学病院?

ふーむ、困ったな。


とりあえず、探すしかない!!



説明を終えた私たちは、病室に戻りました。


泣いたって仕方ないし、泣いた腹圧で、またお腹も張っちゃうから、泣きたくないけど、やっぱり泣きますわ。


自宅安静から、12日間一人だったんだから。

ものすごいプレッシャーというか、

守るものが大事すぎて、一人で背負うのが苦しすぎて。


旦那よ、共に闘ってくれ!

二人で頑張ろう!



面会時間も終わりになりそうだったので、旦那は帰りました。
持ってきてリストを持って。



少し心が軽くなりました。


トイレついでに廊下にでて、突き当たりの窓。


そこから、住んでいるアパートが、見える。

たった5分の距離。


今ごろシャワーでも浴びてるのだろうか。

病院のベッドの向きと二人で寝ていた布団の向きは同じ。



今日は旦那が近くにいると思うと、不思議とよく眠れました。





続く