読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムクムク母さんの切迫早産記録

切迫早産で入院、MFICUに入るも、無事出産。こだわりながらも手抜きな育児しております。

車椅子?!

17ミリ 頸管長 切迫早産 リトドリン

1週間後の検診。

 

病院は家から歩いて5分ほどのところにあります。

近いので歩きましたよ。もちろん。

 

検尿と採血を済ませて、検診へ。

 

エコーと、内診。

 

先生が浮かない表情。

 

「このまま、入院してもらいます。

 

頸管長が1.7㎝しかない。このまま、病院で安静にしてもらいます。

 

今のままだと、急に破水して産まれる可能性もります。

 

26週で赤ちゃんはまだ700㌘あるかどうか。」

 

 

ちょっと混乱。でも先生の言うことは分かる。赤ちゃんの為に必要ならそうするしかない。

 

でも旦那はまだ出張だし、荷物とかどうする?まさか東京から親を呼ぶわけにもいかないし、仕事だろうし。

 

「先生、入院はいいのですが、家がここから5分なので、タクシーで行くので荷物を取ってきてもいいですか?

 

「だめです。」

 

「……。

 

 

こうゆうとき、本当に困りますわ。

 

旦那は週末に帰ってくる。それまでどうしよう。パンツとか買えばいいけどさ。

家に鍋の材料そのままで作った白菜と鳥団子のシチューもそのままさ。

朝、採血とかするから、帰ってきてから食べようと楽しみにしていたのに。

 

頭の中でいろんな事がぐるぐる駆け巡る。

 

後輩にお願いして、持ってきてもらうのは恥ずかしすぎるし、応用が利かなそう(ごめんね)

 

ここは、三重での頼れる姉御のようなネイリストさんに頼るしかない。

あの人になら、散らかった部屋でも、私のパンツも、ささったままの携帯充電器も

シチューの残りも、きっとどうにかしてくれる。

 

恥を忍んで彼女に電話。

 

仕事が終わったら病院にとりあえず来てくれるとのこと。

 

良かった。

 

さあ、病室へ行きましょうと、看護師さんが声をかけてきた。

 

車椅子?!

 

歩けますけど。

 

これが切迫早産の入院なのか。

 

びっくり。

 

 

 

 

続く。